水原一平の送金額24億5千万円以上に驚き!大谷翔平選手と偽り口座から送金

水原一平の送金額アイキャッチ画像

大谷翔平選手の元通訳であった水原一平氏ですが、3月20日にドジャースから解雇されて以来、行方不明でした。

しかし4月11日の報道で極秘に韓国からカリフォルニアに戻ったことが判明します。

水原一平氏の事件詳細が、徐々にわかってきましたので紹介します。

この記事では、以下の内容についてまとめました
  • 水原一平の送金額24億5千万円以上に驚き!
  • 水原一平容疑者の違法賭博に関する詳細
  • 水原一平容疑者の今後の展開
目次

水原一平の送金額24億5千万円以上に驚き!

水原一平容疑者は、大谷翔平選手の銀行口座から約24億5000万円を不正に送金したとして、米連邦検察から詐欺の罪で訴追されます。

2018年に大谷の口座開設を手伝った際、水原は通訳を務めたが、口座の管理権は与えられていません。
2021年9月から違法賭博に手を染め、負債を抱えるようになったそうです。

水原一平容疑者は銀行員に大谷翔平選手と偽り、2021年11月から2024年1月にかけて大谷翔平選手の口座から送金。 送金総額は約24億5000万円以上。

水原一平容疑者は、賭け以外にもベースボールカードの購入費用も含まれています。
大谷翔平選手は被害者として捜査に全面協力し、デジタル機器やアクセス権を提供するそうです。

「ドジャースが水原氏を解雇して以来、水原氏がどこにいるかほとんど分かっていない。韓国からカリフォルニアに戻った水原氏は、飛行機を降りたところで法務執行官に呼び止められた、と3人の関係者は語った。水原氏が当局とどのようなやりとりをしたかは不明だが、逮捕はされていない」と報道した。

引用元:日刊スポーツ

大谷選手の通訳を長年務めた水原氏は、ブックメーカーで450万ドル(約6億8000万円)の賭博負債を抱えたと報じられ、ドジャースから解雇された。水原氏と、そのブックメーカーとされるマシュー・ボウヤー氏は、内国歳入庁から犯罪捜査を受けていることが25日に確認されている。

引用元:Yahoo!ニュース
スポンサーリンク

水原一平容疑者の違法賭博に関する詳細

水原一平容疑者の違法賭博に関する内容をまとめました。

  • 水原氏が大谷の口座から不正送金した金額: 24億5000万円以上
  • 水原氏が違法賭博を始めた時期: 2021年9月
  • 賭けの合計回数:約 1万9000件
  • 最高賭け金: 約2400万円
  • 負けた金額: 約280億円
  • 損失額: 約62億円
  • 水原氏が大谷の口座から送金していた期間: 2021年11月~2024年1月
  • 水原氏が購入したベースボールカードの枚数: 1000枚

捜査当局によりますと水原元通訳は2021年9月に違法なスポーツ賭博を始め、数か月後には多額の損失が出始めたということで「このころに大谷選手の銀行口座の連絡先が元通訳の電話番号と関連するメールアドレスにひも付くように変更されたとみられる」ということです。

引用元:NHK

大谷選手と水原元通訳の1000件以上に及ぶ通信記録や関係者への聞き取りなどを進めた結果、水原元通訳の違法賭博や借金の支払いについて、大谷選手が関わっていたことを示す証拠はないと判断したとしている。

引用元:NHK

大谷選手は「僕の口座からブックメーカーに対して、誰かに送金を依頼したことは全くありません」と説明した。「彼(水原氏)が僕の口座からお金を盗んだ」とし、前述のホテルでの話し合いで水原氏から「(大谷選手の)口座に勝手にアクセスしてブックメーカーに送金した」と説明されたことを明かした。

引用元:朝日新聞DIGTAL
スポンサーリンク

水原一平容疑者の今後の展開

水原一平容疑者は2024年3月20日、韓国でのドジャースの開幕戦後に解雇されてから姿を見せていません。

現地時間のあす午後に裁判所に水原一平容疑が姿を見せる報道がありました。
水原一平容疑者が罪を認める方向で交渉を進めていると伝えています。

水原一平容疑者には最高100万ドルの罰金または最高30年の懲役刑が科される可能性があります。
水原一平容疑者は「厳密に言えば私は彼からお金を盗んだ。もう私は終わりだ」と仲間に送っていたそうです。

スポンサーリンク

水原一平の送金額に驚き!大谷翔平選手と偽り口座から送金:まとめ

水原一平容疑者は、大谷翔平選手の銀行口座から約24億5000万円を不正に送金したとして、米連邦検察から詐欺の罪で訴追されました。

2021年9月から水原一平容疑者は違法賭博に手を染めています。
水原一平容疑者には最高100万ドルの罰金または最高30年の懲役刑が科される可能性があります。

今後の事件の展開に注目したいと思います。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

目次