向井理と国仲涼子はデキ婚の真相はどっち?一目惚れで馴れ初めや交際期間まとめ!

向井理と国仲涼子はデキ婚アイキャッチ画像

俳優の向井理さんと女優の国仲涼子さんは、2014年12月28日に結婚し、2024年で10周年を迎えます。

向井理さんはデキ婚ではないという噂が流れ、当時の結婚した経緯を調査。

向井理さんが国仲涼子さんに一目惚れだったのか、馴れ初めや交際期間も併せてまとめました。

この記事には以下の内容についてまとめてあります
  • 向井理と国仲涼子がデキ婚と言われる理由!
  • 向井理と国仲涼子はデキ婚はデマ!理由5つ
  • 向井理と国仲涼子はデキ婚の真相は?SNSの反応を見てみた!
  • 向井理と国仲涼子に一目惚れ?馴れ初めや交際期間!
目次

向井理と国仲涼子がデキ婚と言われる理由!


向井理さんと国仲涼子さんは、2014年12月28日に結婚。
国仲涼子さんの妊娠発表が、2015年4月に第一子妊娠の報告がありました。

向井理さんと国仲涼子さんの二人の妊娠が、デキ婚ではないかという噂が流れました。
向井理さんが、以前テレビ番組に出演した時に結婚観を話されているのも関係している気がします。

向井理さんの過去の結婚観と、結婚日と国仲涼子さんの第一子妊娠報告を比較して考察したいと思います。

向井理と国仲涼子がデキ婚と言われる理由


向井理さんは、2011年の結婚する前に『徹子の部屋』に出演します。
その時に向井理さんは以下の結婚観を語っています。

  • 順番を踏んで(結婚)したい
  • できちゃった婚ではなく、結婚してから夫婦の時間をもってから子供がほしい
  • 結婚して子供を作らないという夫婦も知っているので、僕はそっちの方が合っているのかなとも思う


向井理さんと国仲涼子さんは、2014年12月に結婚し、わずか9ヶ月後の2015年9月に第一子を出産します。

国仲涼子が2015年4月に第一子妊娠を報告。
2014年12月の結婚後、国仲涼子さんは、その時点で16週のためデキ婚の噂が流れました。

デキ婚の考え方は、結婚の意志がなく妊娠してから結婚決断する事を言います。
向井理さんと国仲涼子さんは、結婚の意志があり結婚後にすぐ妊娠したことから、デキ婚と間違えられたと思われます。

スポンサーリンク

向井理と国仲涼子はデキ婚はデマ!理由5つ


上述でデキ婚と言われる一方で、向井理と国仲涼子はデキ婚はデマである5つの理由を紹介します。

向井理と国仲涼子はデキ婚はデマである5つの理由
  • デキ婚じゃない理由:デキ婚の場合は、交際期間がほとんどないか極めて短い
  • デキ婚じゃない理由:報道で「妊娠してない」
  • デキ婚じゃない理由:両親への挨拶の時期
  • デキ婚じゃない理由:適切な時期に妊娠していたことがわかる
  • デキ婚じゃない理由:国仲涼子が妊娠に驚いてた

①デキ婚じゃない理由:デキ婚の場合は、交際期間がほとんどないか極めて短い


向井理さんと国仲涼子さんの二人は、2012年のドラマ共演から約2年半の交際期間を経て結婚しています。
デキ婚の場合は、交際期間がほとんどないか極めて短いのが一般的です。

②デキ婚じゃない理由:報道で「妊娠してない」

向井理さんと国仲涼子さんは、結婚当初の報道で「国仲は妊娠しておらず」と明記されています。
 デキ婚の場合は妊娠が前提となるため、デキ婚でないことがわかります。

③デキ婚じゃない理由:両親への挨拶の時期

向井理さんと国仲涼子さんは、2014年の夏頃に両家の両親に対して挨拶をしています。
実際の婚約挨拶のようなものです。 

デキ婚の場合は突発的な結婚となるため、そのような事前準備はないのが自然です。

④デキ婚じゃない理由:適切な時期に妊娠していたことがわかる


向井理さんと国仲涼子さんは、第一子出産の報告時に、国仲涼子が16週(約4ヶ月)と発表しています。
二人の結婚が2014年12月28日で、第一子出産報告が2015年4月のことでした。

結婚後の適切な時期に妊娠していたことがわかります。

⑤デキ婚じゃない理由:国仲涼子が妊娠に驚いてた

向井理さんと国仲涼子さんの本人たち自身も、第一子の妊娠について「予想より早かった」と驚いています。
デキ婚ではなかったことが裏付けられるでしょう。

現在のWHOの指針では、最終生理初日から出産まで280日かかるという基準で計算されており、排卵などを含めると受精後から266日後に出産される計算となる。いわゆる“十月十日”はおよそ“九ヶ月間”のことを指し示す。

2人の婚約発表は2014年の11月下旬で、今年4月に第1子の妊娠を発表していた。仮に12月ごろ妊娠していたのならば、出産時期がちょうど40週となり、タイミングはドンピシャのようだ。

引用元:日刊大衆

思わぬ指摘を受けてしまった向井・国仲夫婦。妊娠後の結婚発表だったのか真相は不明だが、それら「デキ婚」論争をするものに対して、「別にでき婚だっていいよ。少子化の時代にアッパレだよ!」「婚約からすぐに差すがったなら本当に素晴らしいこと」との声もあるように、実におめでたいニュースである。“イケメン息子”との親子共演の実現を期待したいものだ。

引用元:日刊大衆
スポンサーリンク

国仲涼子プロフィール


国仲涼子さんのプロフィールです。

項目詳細
本名国仲 涼子(くになか りょうこ)
生年月日(年齢)1979年6月9日(44歳) (2024年5月末現在)
出身地沖縄県那覇市
最終学歴沖縄県立那覇商業高等学校
身長158cm
血液型B型
配偶者+家族向井 理(2014年 12月28日に結婚)+子供2人
職業女優
備考主要な出演作品に「ちゅらさん」シリーズ
「ブラックジャックによろしく」
「結婚できない男」
「ハングリー」など

映画では「電車男」、「HERO」などに出演
歌手としても「琉球ムーン」などをリリース
受賞歴ゴールデン・アロー賞新人賞
エランドール賞新人賞
スポンサーリンク

向井理と国仲涼子はデキ婚の真相は?SNSの反応を見てみた!


向井理さんと国仲涼子さんの結婚についてSNSの反応を見てみました。

スポンサーリンク

向井理と国仲涼子に一目惚れ?馴れ初めや交際期間!


向井理さんと国仲涼子さんに一目惚れ?馴れ初めや交際期間を紹介します。

向井理は国仲涼子に一目惚れ!


結論から言うと、向井理さんが国仲涼子さんに対して一目惚れの証拠はなく、噂レベルです。
向井理さん自身が過去に「一目惚れしないタイプ」で「人を好きになるのに時間がかかる」と語っています。

しかし、2012年のドラマ『ハングリー』で共演し、同年の年末には交際が報道されています。
向井理さんと国仲涼子さんの共演から交際までのスピードが速かったためです。

一概には断定できませんが向井理さんが国仲涼子さんに一目惚れした可能性が高いと思われます。

向井理が国仲涼子を一目惚れする理由
  • 2012年のドラマ『ハングリー』の共演から交際までのスピードが速い
  • 向井理の理想の女性像が国仲涼子の人柄とぴったり合っていた
  • ドラマで恋人役を演じたことで、自然と惹かれ合う関係になった
スポンサーリンク

向井理と国仲涼子の馴れ初めはドラマ!


向井理さんと国仲涼子さんは2012年のドラマ『ハングリー』の恋人役で共演したことがキッカケです。
当初は挨拶を交わす程度で一定の距離がありましたが、撮影が進むにつれ距離が縮まっていったそうです。

ドラマ放送中の2012年の年末に、週刊誌に向井理さんと国仲涼子さん2人の交際が報道されます。

また向井理さんが国仲涼子さんの愛犬のためにペット可のマンションに引っ越します。
2人でIKEAでデートしていたことが報じられました。

向井が、交際を否定してきた国仲との結婚を決めた。出会いは2012年1月期放送のフジテレビ系ドラマ「ハングリー!」での共演で、元恋人同士の役だった。撮影中から共演者同士で食事に行くなどの親交を深め、やがて交際に発展していった。

引用元:日刊スポーツ

向井理と国仲涼子の交際期間は約2年半!

向井理さんと国仲涼子さんの交際期間は約2年半でした。
つまり、交際期間は2012年中頃から2014年12月の結婚までの約2年半になります。

交際中の2014年夏頃には、向井理さんと国仲涼子さんの両親に対して婚約の挨拶をしていたことも報じられています。

俳優向井理(32)と女優国仲涼子(35)が結婚することが21日までに分かった。ドラマ共演をきっかけに親しくなり、約2年半の交際期間をへてゴールインする。婚姻届は来月に提出予定。国仲は妊娠しておらず、結婚後も仕事を続けていく。まだ同居はしておらず、2人きりの新婚生活は年明けを予定している。

引用元:日刊スポーツ

報道をまとめると、今年の夏頃には両家の両親にあいさつ。
向井は役者仲間らに、すでに結婚することを報告済みで、ドラマの共演者らが集まった食事会の席に国仲を呼んで、ツーショットで結婚報告もしているという。

引用元:exciteニュース
スポンサーリンク

向井理と国仲涼子はデキ婚?一目惚れで馴れ初めや交際期間:まとめ

向井理さんと国仲涼子さんはデキ婚?一目惚れで馴れ初めや交際期間についてまとめました。

結婚前は、ともに人気俳優同士で約2年半で結婚され、2024年12月で結婚10周年を迎えます。

ドラマや映画で活躍中の向井理さんですが、今後の活動に注目していきたいと思います。

また女優の国仲涼子さんも、夫の向井理さんが家事・育児を手伝うおかげでドラマ中心に活躍の場を広げています。

向井理さんと国仲涼子さんがともに活躍する姿を期待したいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

目次