木村多江の父親の仕事と会社を調査!49歳で急逝した死因と残された家族のエピソードを紹介

木村多江父親の仕事アイキャッチ画像

「日本一不幸役が板につく女優」として映画やドラマにひっぱりだこの木村多江さん。

テレビ番組に木村多江さんが出演され、父親を早くに亡くされた生活環境がハードモードになったとか……
木村多江さんは生粋のお嬢様のため、49歳の若さで亡くなった父親の死因について気になりますよね。

この記事では、木村多江さんの父親の仕事や死の原因にいて調べました。

この記事では、以下の内容についてまとめました
  • 木村多江の父親の仕事と会社を調査!
  • 木村多江の父親の死因、49歳で亡くなったのはなぜ?
  • 木村多江は父親が亡くなった後、母と弟のために家族を支えた
目次

木村多江の父親の仕事と会社を調査!

アナザースカイ木村多江出演画像

2024年1月13日に放送された「アナザースカイ」で、木村多江さんが出演。
当時、木村多江さんの父親の仕事が紹介されたものをまとめました。

木村多江の父親の仕事はシンガポールの天然ガス設備建設事業?

木村多江家族写真の画像

木村多江さんの父親は仕事で海外を駆け回り、英語が堪能で頻繁に海外に行っていたそうです。
シンガポールの「オーチャード」から2kmほどにあるチャイナタウン、「珍珠坊」近くで父親は液化天然ガスの備蓄設備建設に携わっていた話が番組内で紹介されています。

その時、シンガポールに新しく設立された事務所の初代所長として赴任しています。
木村多江さんの父親の会社名は明かされていません。

木村多江さんの父親は、海外営業マンの年収が一般的な会社員より高いことから、優秀で高収入でした。
木村多江さんのクラシックバレエの習い事や白百合学園の出身なのも、その裕福さを物語っていますね。

木村多江と父親との関係やエピソード

木村多江の若い頃の画像

木村多江さんの父親は、家庭内での厳格な規律を守りつつも、周囲を楽しませることが好きな人物でした。

例えば、高校時代の木村多江さんが門限の9時を過ぎて帰宅すると、父親は玄関前で待ち構えています。
さらに、木村多江さんが長時間電話をしていると、電話線を抜くか切るほど厳しく対応していました。
しかし、このような厳しい態度も、木村多江さんへの深い愛情から来るものです。

木村多江さんが女優を目指す際には猛反対していました。
父親が木村多江さんを保護し、高い礼儀と女性らしさを身につけさせたい思ってのことです。

結果として木村多江さんは、父の反対を押し切り、舞台芸術などの女優の道を進みます。
しかし父親は、木村多江さんが専門学校を卒業後、すぐに結婚させようとしていました。

木村多江さんの父親は、厳格ですが愛情深い父親の姿と、教育に対する願いを浮き彫りにしています。
木村多江さんは、そのような父親の優しさが伝わり、不仲でなく大切に思っていたようです。

スポンサーリンク

木村多江の父親の死因、49歳で亡くなったのはなぜ?

木村多江シンガポール画像

木村多江さんの父親は、49歳で仕事の会食中に急に倒れ病院に運ばれた後、一週間後に亡くなりました。
死因は公表されていませんが、過労による心筋梗塞やくも膜下出血が推測されます。

木村多江さんの家庭は裕福で、父親は家族のために一生懸命働いていました。
真面目で高い目標を持っていた父親は、疲労が蓄積し死に至ったのかもしれません。

仕事で頻繁に海外を飛び回る営業マンは、疲れやストレスが溜まるのは無理もないでしょう。
木村多江さんの父親が49歳という若さで亡くなられて、残された家族は苦労されたことでしょう。

父親との最後の会話は「今日はご飯を食べてくる」というメッセージで、その日の会食中に倒れました。
木村多江さんは、女優の道を選んだことで父に気苦労をかけ、そのせいで亡くなったと自責の念に駆られています。

21歳のときに父が突如他界。「父の心配事のひとつは私が大きかったので、自分が父を死に追いやってしまったんじゃないかっていう罪悪感みたいなものがずっと、10年ぐらい続きました。心の中にもやもやずっとしてる感じで、その怒りを自分にぶつけて自虐的行為に走っていくようになりました」と自分を責めたという。

引用元:日刊スポーツ
スポンサーリンク

木村多江は父親が亡くなった後、母と弟のために家族を支えた

木村多江の画像

木村多江さんは父親の急逝後、母親と弟とともに困難な時期を乗り越えます。
当初、母親の前向きな態度に反発しながらも、家族を支え続けた木村多江さんは、弟の学費を稼ぐために以下の4つのバイトをかけ持ちし昼夜働きました。

  • パン屋
  • ホテルスタッフ
  • レストラン
  • コーヒーショップ
  • 知育研究所など

木村多江さんは長い間、父の死に責任を感じ、厳しく自分を追い込みました。
しかし、時間が経つにつれて、父が望むのは自分の幸せであると気づき、生きる意味を再発見しています。

今では、木村多江さんの家庭を大切にし、過去の苦しみを乗り越えて前向きに生きています。

30歳前半くらいの時、わたしは父の死を10年近く乗り越えられず、自分の生きている意味みたいなものが、どうしても分からなくなってしまっていたんです。そこを乗り越えるのに、いかにみなさんに支えていただいてきたか。だからわたしはこうして生きてこられたし、頑張ってなんとか仕事をしてこられたんだなと思ったら、やっぱりそこは恩返しをしていく、今度は反対の立場になっていきたいと思うんです。

引用元:Yahoo!ニュース
スポンサーリンク

木村多江の父親の仕事を調査!急逝した死因と家族のエピソード:まとめ

木村多江さんの父親は昭和を代表する厳格な父ですね。
木村多江さんの父親の職業は、海外を飛び回る営業マンで、液化天然ガスの備蓄設備の建設仕事をしていました。

和風の似合うおしとやかな女性のイメージがある木村多江さんですが、父親の急逝後に残された家族を支えるため4つのバイトをかけ持ちして自分を追い込んでいたことは意外でした。

木村多江さんの父親が生きていれば、現在の木村多江さんの活躍をよろこばれたことでしょう。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

目次